銃乱射事件を受けオバマ大統領が動く

児童など26名もの死者を出したコネティカット州ニュータウンの小学校銃乱射事件を受け
ついにオバマ大統領が銃規制法などの銃犯罪対策へ乗り出したようです。

アメリカは国民が持つひとつの権利として銃を持つことを許されていた長い歴史がある中で
銃規制法を厳しく取り締まっていくのはかなり難しい事だと思いますが
世界中がショックを受けたこの事件があってもなお動かないようならアメリカも
さすがにやばいのでは、と誰もが感じていたと思います。

アメリカでは毎年、1万人以上の銃による死亡者が出ているため、1日も早く銃を
無くしていかなければならないはずですが、オバマ大統領の意思だけでは動かせないものも
多々あるのでしょう。

日本でも第二次世界大戦までは刀を所持することが普通でしたが、GHQによる刀狩に
よってその多くは没収され、一部では所持も許されていますが、刀による事件や
死亡者はほとんどいません。

日本人の刀の感覚とは違うかもしれませんが、平和へつながるきっかけに
ならなければ、アメリカで命を落とした1万人の遺族たちが浮かばれません。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 3日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めての借入はレイクなら不安解消」です。

次のブログ記事は「ローソンストアの揚げたこ焼がコストパフォーマンス最高です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。